メニュー

本日のカモノセログ - 株式会社カモノセログ

電話でお問い合わせメールでお問い合わせ
株式会社カモノセログ Tel:075-852-1169 お問い合わせはこちら

本日のカモノセログ

「古民家解体 みなさん生きてますか?」

カテゴリ: メンテナンス日記 作成日:2018年08月22日(水)

皆さんお疲れ様です!

京都でおしゃれな注文住宅を手がける工務店、株式会社カモノセログたっちゃんです!

今日はまたとびきり暑かったですね~!朝からカンカン照り!

お昼までにばてました笑 コンビニで、

product drink

キューピーコーワドリンク見つけて気休めに飲んだんですが、これが結構元気になりました!

錠剤じゃなくてドリンクタイプのものです。でも、元気になったら疲労マヒして後でつけが回ってきそうですね笑

 

さて、本日も古民家解体の現場に入っておりました。

台風も接近しているのでなんとかきりの良いところまで進めようと頑張っています。

二階部分を解体するのが今日のノルマ!頑張って解体していきます。

 

では、写真で振り返っていきましょう。

12

棟木、隅木、母屋をぶつ切りにして解体。

次は横に入った梁を解体します。

12

チェンソーで玉切りにしていきます。

12

 

12

こういうことです。

家が崩れたら大変なことになるので、切っても良いところを確認しながら崩していきます。

 

くみ上げる作業よりも、解体作業のほうが危ないのです。

 

12

どんどん柱がなくなっていきます。

12

柱を半分のところでカットしながら二階部分を解体しました。

緑色のネットも台風を直で受けないように半分までにしました。

 

12

あーっという間にダンプは木でいっぱいに。

これだけ乾燥している木、薪には最高やろな~と思いながら積み込みです。

12

木の解体を終え、土をやっつけていきます。

カンカン照りで二人とも頭が「ポケーっ」となりながら地道に作業です。

12

休憩時間にスイカ、いただきました。

たくさん塩をかけて塩分も補給!みずみずしくてうまい!

いや~現場で食べるスイカ、格別です。

12

土もきれいに取り除き、台風時に土が舞わないようにできました。

12

解体初日の写真です。

これだけ進みました↓

12

二階部分がなくなってすきっとしてます。

この家がなくなったらかなり敷地増えますね~

 

ということで、本日はこれにて作業終了です。

みなさん暑い中お仕事、家事、いろいろお疲れさまでした!

 

 

「古民家 土壁解体の味方」

カテゴリ: メンテナンス日記 作成日:2018年08月21日(火)

皆さんお疲れ様です!

京都でおしゃれな注文住宅を手がける工務店、株式会社カモノセログたっちゃんです!

今日はすごい夕立でしたね。現場でも直撃しました。雨が降ると外仕事は続けられません。

しかも土壁の解体をしていたので雨で土が濡れてたいへんでした。

 

さて、本日も古民家解体の現場に入っていました。

土壁を取るのが一番大変な作業なわけですが、僕たちの強い味方をご紹介します。

電動工具と言えば王道のマキタ。

レシプロソーと呼ばれる電動工具です。

のこぎりの刃を装着することで軸がボタン一つで動作します。

これを使用して土壁を解体するのです。

土壁は竹と貫と呼ばれる板が柱に入り込んでいます。これをレシプロソーをつっこんで切ってしまうのです。

これにより作業効率化アップですよ~。

 

では、写真で振り返っていきましょう。 

 

6

じゃーん!マキタのレシプロソーです。

これを使って作業しています。なんでも工具でてますな~ すごい。

 

6

柱と壁とのわずかな隙間を狙ってのこ刃を入れていきます。

これで柱に入り込んでいる竹、貫を切り取れます。

6

切れたらあとは、簡単。

ぐっと押すだけで壁が倒れます。

そして、竹と土とを分別していきます。

6

あっという間に壁がなくなっていきます。

6

どんどん家がスケルトン状態になっていきます。

6

屋根の上の垂木や母屋なども解体し始めています。

明日は二階部分の構造材をできるだけ解体しようと思います。

 

今日もみなさんお仕事お疲れさまでした!

 

 

 

「古民家 解体」

カテゴリ: メンテナンス日記 作成日:2018年08月20日(月)

皆さんお疲れ様です!

京都でおしゃれな注文住宅を手がける工務店、株式会社カモノセログたっちゃんです!

今週も始まりました。お盆明けの今週、8月もあと二週間です。

姪っ子が今日で二歳。いや~月日が過ぎるのが早い!発言がもうおっさんですね。

 

さて、本日も古民家の解体作業でした!

今日も暑くて少々バテ気味になりながらも頑張りました。

作業はいたって簡単。木・土を外すだけです。

古民家となると厄介なのが土!屋根の上にも土、壁にも土!この大量の土を取り除くのが解体作業のメインです。

木だけになってしまえば簡単なのですが・・・

 

では、写真で振り返っていきましょう。

 

10

二階です。土壁を落とすのにまずは内装を取り外していきます。

正面のプリント合板?を外していきます。

10

外すといきなり土壁が出てきました。

10

押し入れの中など、どんどんはがしていきます。

あっというまに木でいっぱいに。

10

つづいて天井を取っていきましょう。

10

天井は比較的簡単に解体できます。

上を見上げると光が差し込んでいるのがわかりますね。

10

土壁を少し解体してみました。

部屋内から壁の周り四方にのこぎりをいれてカットします。

そのあと部屋内に壁を押し込めばこの通りバタンと落ちてきます。

四方をカットしたのは竹や木が横に柱に入れ込んである貫と呼ばれるものがあるためです。

10

ぼんぼんと叩くとこの通り竹だけになります。

10

つづいて屋根をばらしていきます。

杉皮をとると野地板が出てきます。これを取っていくのです。

10

すると垂木がみえてきます。

10

今日はこれにて作業終了です。

 

みんさんもお仕事お疲れさまでした。

 

明日も引き続き現場に入ります。

では、さようなら!

 

Copyright © 株式会社カモノセログ All Rights Reserved. -ログイン