メニュー

本日のカモノセログ - 株式会社カモノセログ

電話でお問い合わせメールでお問い合わせ
株式会社カモノセログ Tel:075-852-1169 お問い合わせはこちら

本日のカモノセログ

古民家 勾配天井ボード施工

カテゴリ: メンテナンス日記 作成日:2018年07月02日(月)

みなさんこんばんは!京都の注文住宅を手がける工務店カモノセログのたっちゃんです。

とうとう7月に入りましたぁ!

梅雨ももうすぐ終わり本格的に夏になってきますね。体調管理しっかりして夏に向けて整えていこうと思います。

 

さて、本日も古民家の現場に入っていました。

勾配天井のボードを施工しています。

天窓にはボードの見切り材を取り付けて納めています。

では、写真で振り返って行きましょう。

 

05C5E135 5BF9 42DC 9A7C ADB3CDFA4292 135ff

天窓の出隅見切り材を取り付けました。

次に勾配面をボードを見切りに入れ込むようにして貼って行きます。

989373B0 26B5 467D 8688 E8F0367E8853 7616d

一枚物だと入らないのでここは分割してボードを貼って行きます。

A7506A63 CAB3 4622 B6AB FAEE037AAB45 b4364

こんな感じではれました。

A734A85B B5A1 4300 B45E A6C64DC3CB15 02c31

拡大すると、こんなです。

プラスチックの見切り材に入れ込んでボードを貼ります。

7E44901B 04AF 4003 888B CCDE785509C7 c6277

つづいて、お隣の勾配面も貼って行きましょう。

BA45B5E5 ED2F 4BFF B07E 485DDD631677 066a5

 

10E5F753 2249 418B 9185 7E8CA2E421BA f4e75

こんな感じではれました。勾配面もあとわずかです。

 

3FD2C774 ADD9 4F3F BB93 83BCA8E19ED1 fc776

今日のお客さんに頂いたシリーズ。

ファミリーマートの、フラッペなんですが、なんとスイカ味です!

味はスイカバーの味そのものですね笑 タネに見立てたチョコもあって、味もスイカバーでした笑

子供さんにはうける商品ですね!

 

という事で、本日はこれにて作業終了です。

みなさんお仕事お疲れ様でした!

古民家 勾配天井ボード施工・保冷ベスト

カテゴリ: メンテナンス日記 作成日:2018年06月30日(土)

皆さんお疲れ様です!

京都でおしゃれな注文住宅を手がける工務店、株式会社カモノセログたっちゃんです!

今日もまた とびきり暑い一日になりましたね。夕方には雨が突然どっと降ったりと変なお天気でもありました。

そして、今日で六月も最後。2018年も半分以上終わったということですね。

 

さて、本日も古民家の現場に入っておりました。

今年の暑さに耐えきれずついに手をだした暑さ軽減グッズ。

空調服ではなく保冷剤を使用したベストを発見し購入したしました。

昨日宅配便で届いたのでさっそく今日使ってみました。

 

また、現場では四人で作業をしているのでどんどん進んでいってますよ~。

では、写真で振り返っていきましょう。

 

14

さて、昨晩宅配便で届きました、こちら保冷ベストです。

14

中身こんなんです。

保冷剤を入れるベストと保冷剤3つ、と予備の3つ。

大体3~4時間保冷機能があります。普通の保冷剤とは違て保冷剤の能力が高い保冷剤です。

これを胸に2つ、背中に1つ入れて服の上から着用します。

使った感じですが、

保冷剤をずっと抱きしめているようなそんな感覚です。そのままですが笑

ず~っと動きっぱなしだと効果を感じにくいですが、立ち止まるとす~っと冷えてきて気持ち良いです。

これに空調服組み合わせたら最強かもしれませんね笑

14

さて、朝一番。

僕は引き続きボードを貼っていきます。

壁には厚みのある12.5mmのプラスターボードを貼っていきます。

14

こんな感じですね。

ここはもともと建具が入っていたところです。

14

北の縁の床が貼れました。

はれたら養生して傷を防止。

14

つづいて、南の縁の廊下の床を貼っていきましょう。

14

床を貼る前に塗装準備です。

こちらの壁は現況なのでマスキングして養生をしてから塗装します。

14

見切り材を取り付けてまわってもらってます。ヒノキの無垢材を使用して見切りをいれます。

14

こちらもかっこよく収まっています。

こうした見切りをいれてやっと床板を貼っていける準備が整うのです。

14

枠材も取り付けまわっていますよ。

14

昨日進めていたこちらのおくどさんの腰壁も下地作れました。

14

今日のお客さんにいただいたシリーズ。

パインアイスです。

これおいしいですね~甘くてシャキシャキしてます笑

知覚過敏にはちょときついでしょうね笑

14

さて、腰壁のボードも貼れたので続いて天井のボードを貼っていきます。

14

こちらも母屋が丸太なので曲面の曲がり具合をひろいながらボードを貼っていきます。

14

天窓の部分はボードを貼ります。

出隅といって出っ張りの角になる箇所は白いパーツの見切り材をいれてボードを収めるんですよ。

 

今週はこれにて作業終了です。

来週またお会いしましょう!

 

来週から7月ですね~!もう梅雨も終わりですよ~

 

では、みなさんお仕事お疲れさまでした!

 

 

 

古民家 ユニットバス施工

カテゴリ: メンテナンス日記 作成日:2018年06月29日(金)

皆さんお疲れ様です!

京都でおしゃれな注文住宅を手がける工務店、株式会社カモノセログたっちゃんです!

今日は荒れた天気でしたね。夕方には土砂降りの雨が降りました。でもぐんと気温下がって涼しくなって良かったですが。

 

さて、今日も古民家の現場に入っておりました。

今日はいよいよユニットバスの施工日ということで、業者さんに朝一番から入ってもらってくみ上げてもらいました。

二人で作業してお昼で終わってたのですごいな~って思いながら見てました。

 

さて、僕はボードを続けて貼っております。

おくどさんを解体した箇所の壁を作っています。

また、縁側の床板を施工し始めました。

これから床板をどんどん貼っていきますよ。

 

では、写真で振り返っていきましょう。

 

19

ユニットバスの部材が届きました。

いよいよ組み立てです。

19

二人でペアで作業されてます。外で加工して中で組んでいく。

19

壁になる箇所からカメラをいれて撮影。

もうこのアングルで写真は撮れないので貴重です。

19

ちょうどお昼で完成。

きれいです。

19

汚れないように養生をして閉めています。

 

19

北縁の床板を貼っていきましょう。

19

15mmの無垢のパイン材を使用していきます。

19

一枚づつはめ込むようにして施工していきます。

床なりを防ぐためにウレタンボンドを併用していますよ。

19

僕は相変わらずボード係。

どんどんはって終わらせていきますよ!

19

左のほうも終わらせたのですが、写真撮るの忘れちゃいました。

19

お昼です。

最近はまっている、ファミリーマートの 「冷やし醤油ラーメン」です。

これおいしんですよ。冷やし中華とは違ってまたうまいです。

19

見切り材です。

塗装して使います。

これはどこに使うかというと。

19

こちら、久しぶりのおくどさん。

解体したときに腰壁が痛んだので新しく壁を作ってしまいます。

19

ボードを貼る前に先ほどの見切り材を入れて段差がついても大丈夫なようにします。

19

こうして欠き込んでいれこめるようにします 。

19

このようにします。

簡単に入っているようですが、実は手前と奥の土壁の出っ張りが違うので(写真では同じような奥行ですが段差ついてます)癖を拾っています。

19

そうして三方を見切りで回った後、ボードを貼っていきます。

19

こちら、ヒノキの柱です。

間仕切り壁を起こすのに柱をいれます。

19

こんな感じです。

もとは建具が収まっていましたがこのように壁になります。

木造だと可変性があって自由度の高いリフォーム工事ができますね。

 

ということで本日はこれにて作業終了です。

みなさんお仕事お疲れさまでした!

 

 

 

Copyright © 株式会社カモノセログ All Rights Reserved. -ログイン