メニュー

本日のカモノセログ - 株式会社カモノセログ

電話でお問い合わせメールでお問い合わせ
株式会社カモノセログ Tel:075-852-1169 お問い合わせはこちら

本日のカモノセログ

古民家 無垢板 床材施工・大雨被害ありませんか?

カテゴリ: メンテナンス日記 作成日:2018年07月05日(木)

皆さんお疲れ様です!

京都でおしゃれな注文住宅を手がける工務店、株式会社カモノセログたっちゃんです!

各地で記録的な大雨が出ています。今朝から災害通知がバンバン鳴っていますね。

事務所のある京北ではお昼から避難勧告が出ています。川の氾濫や土砂崩れの危険性があるため皆さん気を付けていただきたいです。

また、地元の消防団の方達が高齢者への指示や土嚢積みなど懸命に活動されています。

冷静に対応できるように万全の準備をして、消防団の方達の指示に従って動いてください。

 

さて、雨はきつかったですが今日も古民家の現場に入っていました。

昨日に引き続き床板の施工をしていきます。

また、一部床暖房をつけるので電気屋さんに入ってもらってシート状の床暖房を施工してもらいました。

 

では、写真で振り返っていきましょう。

 

14

昨日の続きから、洗面所の床板をはります。

14

洗面所貼れました。そのままつづきのトイレの床も貼っていきます。

14

 

14

こんな感じです。広角のカメラがあればもっとよく映るんでしょうがiPhoneでは限界です。

14

リビングの床には一部、床暖房を施工します。

床の配線作業が必要なので電気屋さんに朝から来てもらいました。

14

くるんと丸まっているのが電熱シート。薄いのでこんなにまるまります。

14

一個づつこうして配線します。

14

テープで固定して床板を貼る準備完了です。

とても薄いシートなのでこの上から床板を貼ることが可能です。

14

床板を貼っていきます。

14

ヒノキ丸太の丸い部分もきれいに行けました。

14

こんな感じです。

14

キッチンが来る壁です。

カウンターとなるヒノキ材を取り付けています。

14

壁を利用して小物を収納できるスペースを作りました。

調味料とか、お箸とかおけるスペースになるかなと。

14

かっこよく収まっています。

 

ということで、本日はこれにて作業終了です。

皆さんお仕事お疲れさまでした!

今晩から明け方にかけてまた強く雨が降るようですので皆さん警戒なさってください。

非常食、水、簡易トイレ、ライト、いろいろ揃えてあったほうが良いかもしれませんね。

 

では、明日またブログでお会いしましょう!

 

RAKURO KYOTO「ツナグ」・古民家 床板施工

カテゴリ: メンテナンス日記 作成日:2018年07月04日(水)

皆さんお疲れ様です!

京都でおしゃれな注文住宅を手がける工務店、株式会社カモノセログたっちゃんです!

台風の影響ありませんか?大雨により土砂崩れなどの可能性が高まっているので斜面には気を付けてくださいね。

 

さて、昨日の話をしたいと思います。

その後に、今日の作業ブログもアップしますので長くなりますが見てやってください。

 

昨日は先日オープンしたシェアホテル「RAKURO KYOTO -THE SHARE HOTELS-」の1Fにあるカフェキッチンバーの「ツナグ」にてRAKURO KYOTOに携わった関係者の方とのお食事会・お話会が開催されました。

ホテルに入ってすぐ奥にツナグはあります。

瓦屋さん、清水焼の伝統工芸士の方、カメラマン、西陣織の方、竹屋さん、京都の町屋の講師として活躍される方などすごいメンバーの方たちとお食事をいただきました。みなさん取材経験ももちろんあってラジオやテレビ、雑誌、など各種メディアでも取り上げられている方ばかりでした。RAKURO KYOTOをコーディネートされたスティルライフの尾形さんにお声かけいただきカモノセログの代表として出席してきました。

 

まったく異なる職種の方のお話を聞けるってそうないですし、しかも、一度にいろんな方とお話ができるのも少ないと思います。

「ツナグ」の一押しのハイボールとおいしい料理をいただきながら終始楽しくお話させていただきました。

これは営業チャンスと、資料をクリアファイルに閉じて皆さんにお見せしていたら

 

「紙芝居はじまったね」 

 

なんて言われて、紙芝居の若い子っていう印象を残してきました笑

仕事の話も良いですが、趣味の話でも盛り上がりいろんな方と、公私ともにお付き合いできそうな素敵な方たちでした。

また集まれたらなと思います。尾形さん、お声かけありがとうございました。そして、紙芝居のご清聴ありがとうございました笑

 

5

御所の近くにある、ホテル。

RAKURO 京都 -THE SHARE HOTELS-

〒 604-0867 京都府京都市中京区常真横町186

google map ]

TEL : 075 221 0960

 

 

5

パンフレットにも納品させていただいた杉スツール写ってます。

5

杉のよい香りもまだします。

乾燥による割れも落ち着いていました。

天然のものってこうして味がでるから楽しみが深いですよね。

 

5

はいってすぐ奥にツナグはあります。

ホテルに用がなくてもふらっとはいって一杯飲めるバーでもよし。

がっつり食べてもよしのいい雰囲気のお店です。

5

14名ほどでの食事会です。

みなさんお酒もバンバン飲んで楽しくトークしました。

ちなみに、向かいの席の方は竹屋さんでラジオ、テレビ多数でられてます。

趣味のエフェクター作りの話が面白かったです。

そして、僕のお隣の人は先日テレビに出られていた方で京都のガイドブックを作られたすごい方です。

 

本当に刺激的な時間を過ごせました。

11時ごろまで楽しく過ごしました!

 

では、ここからは工事のブログです。

今日も古民家の現場です。

僕も床の施工を先輩と一緒に手伝っていきます。一人が切って、僕が貼っていく、二人で作業を分けて効率化します。

 

では、写真で振り返っていきましょう。

IMG 8951

昨日の続きから貼っていきます。

使っている材料はパイン材、松の木です。

無垢材で15mmの厚みがあります。

IMG 8951

こういったボンドをつけていきます。

固まったらカチンこちんです。

これを塗ることで床なりを防げます。

IMG 8951

固定道具はこれ、マキタのフロアタッカーです。

高圧タイプなので軽量化でコンパクトな作りです。

一瞬でバツンッと打てます。

IMG 8951

こんな感じで貼っていきます。きれいですね~ やっぱり無垢っていいです。

IMG 8951

 

IMG 8951

 

IMG 8951

ヒノキの丸太部分は首切りといって床板が差し込めるように加工します。

緊張の瞬間です。

IMG 8951

上と下をのこぎりで切れ目をいれて、ノミで取っていきます。

IMG 8951

こうして入り込みます。

きれいにできました。

 

IMG 8951

洗面とトイレの床を先行します。

IMG 8951

こうして貼っていきます。

 

本日はこれにて作業終了です。

 

皆さんもお仕事お疲れさまでした!

 

 

 

 

 

古民家 床板施工・躯体塗装・框取り付け

カテゴリ: メンテナンス日記 作成日:2018年07月03日(火)

皆さんお疲れ様です!

京都でおしゃれな注文住宅を手がける工務店、株式会社カモノセログたっちゃんです!

今日も蒸し暑い一日となりましたね。時より風が吹くと気持ち良いのですが・・・

 

さて、本日も古民家の現場に入っておりました。

今日からまた応援大工さんが来てくれて、現場は賑やかになっております。

天井のボードも今日で終わったので一段落。

今日からは床板の施工に力を入れていきます。

 

また、躯体・天井の塗装も行っています。見違えるようにきれいになってますよ♪

 

では、写真で振り返っていきましょう。

 

11

カモノセグループの大工さん 澤田さん。

今日からかけつけてくれました!

捨て貼りしている合板をビスで固定していきます。

11

この壁からスタートします。

どの割り付けで板を張り付けるかによって出来上がりの差がでてきます。

単に一枚の板をそのまま張り付けるというわけではないということです。

11

一枚づつ固定してはめ込んでいきます。

11

こんな感じです。

11

天井のボードもこれで完了です!

あとは間仕切り壁のボードがありますが、それらは床施工の後です。

なんとかボード貼り切れました、一段落です。

11

勝手口の框材の取り付け風景。

仮に合わせていきます。

11

一体物で固定して微調整。

11

そして固定して出来上がり!きれいです。

11

奥の部屋の壁も作っています。

こちらは、ボードではなくラワンベニヤで作っています。

押し入れになるため後で中段など組みつけやすくするためです。

11

躯体塗装です。

南の廊下ですね、きれいになってます!

11

久しぶりに屋根屋さんかけつけてくれました。

災害等でいろいろ忙しかったようです。

今日は、お風呂場のうえの屋根を施工してもらいました。

 

ということで、本日はこれにて作業終了ですが、僕はいまから先日杉の六角スツールをおさめたRAKURO KYOTOのシャアホテルまで行ってきます。前回、レセプションに参加させて頂きましたがその後の関係者のみの顔合わせということだそうです。

では、行ってきます!

 

 

Copyright © 株式会社カモノセログ All Rights Reserved. -ログイン