メニュー

本日のカモノセログ - 株式会社カモノセログ

電話でお問い合わせメールでお問い合わせ
株式会社カモノセログ Tel:075-852-1169 お問い合わせはこちら

本日のカモノセログ

古民家 ガラス障子取り付け・お風呂場リノベーション 下地作り

カテゴリ: メンテナンス日記 作成日:2018年06月13日(水)

皆さんお疲れ様です!

京都でおしゃれな注文住宅を手がける工務店、株式会社カモノセログたっちゃんです!

今日一日涼しかったですね~ 朝は上着が欲しいくらいでした。また日中もジメジメすることなく過ごしやすい一日となりました。

 昨日は勝手をいたしました。実は昨日は厄日で何をやってもうまくいかない日でした笑

 

 

さて、今日も古民家の現場にはいっておりました。

ガラス障子がとりつきました。南側の縁にあった四枚どがあらたにアルミサッシの二枚の窓に代わりました!

そして、お風呂場の大改装です。

解体が終わり、いちど捨てコンを打ちます。そして、設備屋さんの出番。

給排水取りまわしてもらいました。

また、ユニットバス屋さんの下見もあり、打ち合わせしました。

 

天井下地、壁下地も同時に進めています。

では、写真で振り返っていきましょう。

 

16

ガラス障子がとりつきました。

大きな二枚の窓になり明かりもばっちり入ってきます。

16

お風呂場の解体が終わり、ユニットバスが入るように下地を整えていきます。

16

設備屋さんにきてもらい配管してもらいます。

16

 

16

そして、木地を入れていきます。

16

既存の窓を取り外しルーバー窓を新たに取り付けます。

16

このようにしてとりつきます。

16

勝手口のサッシを取り付け、左官屋さんにコンクリ打ってもらいます。

16

 

16

もともとキッチンが壁についていた箇所にはタイルが周りに貼ってありました。

そこにわずかな隙間があったので、左官屋さんにモルタルでこすってもらって面を整えてもらいました。

16

 

16

お客様からお土産頂きました!

生の麺と半生めん?というタイプといろいろです。

三種類いただいたのではなくみんなで好きなものを分けっこして選びました。

いつも頂いてばかりで申し訳ないです・・・ありがとうございました!

つゆも付いていてすぐ頂ける親切商品です。

 

16

和室壁の延長をしています。

合板で貼っている個所は元は天井裏でした。

ここに木地をたして合板で壁と面を合わせています。

 

16

こんな感じで壁を足しています。

16

勾配天井の天井下地も作っていきます。

 

16

今日はこれにて作業終了です。

 

みなさんお仕事お疲れさまでした!

 

 

 

 

古民家 お風呂場解体・天井下地

カテゴリ: メンテナンス日記 作成日:2018年06月11日(月)

皆さんお疲れ様です!

京都でおしゃれな注文住宅を手がける工務店、株式会社カモノセログたっちゃんです!

早くも6月は中旬に入りました。梅雨いうてますけど、いつの間にか梅雨明けでしょうね。

 

さて、今週も張り切ってまいりましょう。

週明けは古民家の現場に入ってきました。

引き続き、天井の下地を組んでいます。

そして、お風呂場のリノベーション工事に伴い、きぞんお風呂場(ブロック壁の増築部分)の部分解体を行っていきます。

長年お世話になっている、伏見区の左官屋さん。左官屋さんだけど解体工事が上手なんです。

忙しくされていたのでやっと来てもらいました。

 

解体工事は、モルタルが硬く作業が大変ですがみんなで力合わせて頑張って進めています。

 

では、写真で振り返っていきましょう。

9

お風呂場の壁を解体していきます。

モルタルが硬くて苦戦しながらもがんがん電動ハツリ機で壊していきます。

9

ディスクサンダーで鉄筋を切っています。

このように火花を散らせながら現場では作業してます。

9

普通、メッシュと言って網目の針金をいれるんですが、その代用に鉄の官がはいってました。

これでさらに硬くなってるようです。

9

ボロボロ崩していきます。

9

 

9

あっという間にお風呂場だけで2トンダンプ一杯です。

9

続いて奥の壁の開口を開けていきます。

9

電気屋さんも入ってます。

既存エアコンを再使用するので丁寧に取り外ししてもらいました。

9

天井下地も進んでいます。

ボードが貼れるように木地を足していきます。

 

11

キッチン上の天井下地もできました。

11

つづいて、小壁の延長下地を作っていきます。

11

 

本日はこれにて作業終了です。

明日は僕が用事があってお休みいただきますのでブログも更新できません。

明後日また、ブログでお会いしましょう。

 

 

 

 

 

 

古民家 天井下地を作る

カテゴリ: メンテナンス日記 作成日:2018年06月09日(土)

皆さんお疲れ様です!

京都でおしゃれな注文住宅を手がける工務店、株式会社カモノセログたっちゃんです!

今日はいいお天気になりましたね!現場では涼しいいい風がふいて気持ち良いです。

しかし、天井裏は風が入ってこなく暑く、汗だくだくになりながら作業頑張ってました。

 

さて、本日も古民家の現場に入っておりました。

床の下地が完成し、つづいて天井の下地に取り掛かっています。

万能な材料、寸三を使用して下地を作っていきます。

実際天井は上からの荷重がかかる場所でもないので吊ったようにして天井下地が入っている場合がほとんどです。

少し木地を多めに入れてやると上にのって作業もできるので効率もあがりますよ。

 

では、写真で振り返っていきましょう。

 

5

こちらは、壁の下地を作っています。

既存天井の位置から少し上に上がったところに天井のレベルを持ってくるので壁を延長して下地を作る必要があります。

 

5

木で下地を整えながら面材がはれるようにしていきます。

5

玄関上の天井です。

下地を入れていってます。

5

母屋、垂木から木をぶら下げて天井下地を少し持ち上げたようにして下地を作ります。

真ん中のほうで天井が垂れる(下がる)と恰好悪いですし、少し真ん中で吊り気味にしておきます。

尺ピッチの下地を四か所吊っているので、僕一人だったら上にのって歩けます。

これで後々妻壁などの隙間部分のバックアップもやりやすくなったかと。

5

下から見上げるとこうなります。

こちらも既存天井から少し上げています。

なので手前の梁から天井までの空間があるようにして仕上がります。

4AC2442A 9884 4BCB 81BF 9633D378D5A7 91849

今日の、お客さんにいただいたシリーズ。

シュ~クリ~ム。

疲れた体に甘いもの、最高です。

ぺろっと食べれちゃう甘さ控えておいしい一品でした。

 21E248B1 8198 49BA 9C9C 97BC938C29C7 e9570

キッチンの天井も下地をやり始めました。

 

ということで、今週はこれにて作業終了です。

また、来週も引き続き現場に入って作業しようと思います。

では、みなさんお仕事お疲れさまでした!

 

 

 

 

Copyright © 株式会社カモノセログ All Rights Reserved. -ログイン