メニュー

本日のカモノセログ - 株式会社カモノセログ

電話でお問い合わせメールでお問い合わせ
株式会社カモノセログ Tel:075-852-1169 お問い合わせはこちら

本日のカモノセログ

古民家 壁下地・トイレ洗面床下地

カテゴリ: メンテナンス日記 作成日:2018年06月16日(土)

皆さんお疲れ様です!

京都でおしゃれな注文住宅を手がける工務店、株式会社カモノセログたっちゃんです!

今日は、昨日とは打って変わっていいお天気になりましたね!6月も折り返し地点です、来週からは後半となってきます。梅雨の時期に屋内での作業であって大変嬉しいです。屋根屋さんとか大変やなと思いますね。

 

さて、今日は午前中事務所で事務作業をして、その後遅れて古民家の現場に入っておりました。

 

だんだんと形が見えてくる現場ではお客さんが現場に入ってもらって詳細の決定などされてます。

田舎の工務店、注文住宅を扱うからこそ融通のきいた対応が出来るのもメリットかと感じます。

 

では、写真で振り返って行きましょう。

 

F0A35A0C 020E 4CB1 8911 AD830102DE03 55c1f

トイレの外壁下地完成です。

続いて床組みしていきます。

9F1F87BA 7664 4E56 B43E B93A7871F1F6 f5bf8

大引、根太を入れて合板で塞いで下地を作ります。

980194EB C962 4E6F A1AB DEB944153277 5c60d

既存の窓部が壁になる箇所はこうして下地を入れて外壁にします。

E130B693 2080 42EE 81D3 088DAC1C0D0A 305f9

このようにして、防水透湿シートをラス板の上から貼っていきます。

EF405199 121D 4B8C 9642 D662562E4FB4 f0849

今日のお客さんにいただいたシリーズ。

 

懐かしの スイカバー です。

まだ売ってるんですねー!

さらっと食べれちゃうお手軽アイスバーですね!

ご馳走様でした。

 

14190FDC 7134 48E3 B172 F8B467387E13 73eec

天井を高く設定したので小壁を作る必要があります。

本来は隠れてしまっていた構造材もこうして出てくるとカッコいいですね。

ボードの下地をいれて壁をつくります。

8290E12E 26AE 4B0B A98B 5F6428A77A41 6f632

大量にコーキング材用意しました。

昨日の続き、土壁と柱、梁との隙間を充填していきます。

639ECBEA AC3D 44A6 AB44 CDE5E1C7E6C9 08de5

最後は掃除をして作業完了です!

 

ということで、今週はこれにて作業終了です。

また週明けブログでお会いしましょう!

皆さまお仕事お疲れ様でしたぁ!

 

 

古民家 天井下地・トイレ増築壁下地

カテゴリ: メンテナンス日記 作成日:2018年06月15日(金)

皆さんお疲れ様です!

京都でおしゃれな注文住宅を手がける工務店、株式会社カモノセログたっちゃんです!

明け方はかなり雨が降りましたね。そこからは雨もあがり、どんよりとした雲がかかっていましたが比較的涼しくて作業はしやすい一日となりました。

 

さて、本日も古民家の現場に入っておりました。

天井のボード下地がようやく完成です。

現在、電気工事で配線を取りまわしているので他の作業に回ります。

来週には天井断熱をいれて、いよいよボードを貼る体制になると思います。

 

また、トイレの増築部分の外壁も形になってきました。

 

では、写真で振り返っていきましょう。

 

9

まずこちらですが、屋根裏に上がると土壁部分と柱、梁の取り合いに隙間があることがわかるとおもいます。

光が漏れているのが見えますか?

これでは具合わるいので、隙間を埋めていきます。

9

光が漏れている個所にコーキングを行っていきます。

9

こんな感じで埋めていきます。実際、作業中にこの隙間から風がかなり入ってきていました。

断熱効果もUPが期待できますね。

今日から作業かかったので近日中にやり終えたいと思います。

9

 

9

今日のお客さんにいただいたシリーズ。

透明コーラです!

最近CMみましたが、いち早く入荷されました笑

飲んでみましたがちゃんとコーラの味!ちょっとレモン味もあって飲みやすかったです♪

9

トイレの壁も進んでいます。

9

部屋内から見るとこのようになります。

9

壁の上の延長部分の下地もやってます。

9

 

9

こちら北縁の天井。

これで天井下地は全部できました。

 

小壁の立ち上げのための下地を入れていかないといけないのでそちらの作業に回ります。

 

では、本日はこれにて作業終了です。

みなさんお仕事お疲れさまでした!

 

 

 

 

古民家 天井下地・トイレ工事

カテゴリ: メンテナンス日記 作成日:2018年06月14日(木)

皆さんお疲れ様です!

京都でおしゃれな注文住宅を手がける工務店、株式会社カモノセログたっちゃんです!

今日もいいお天気で過ごしやすい一日となりましたね。明日は雨のようで、土日はまた天気回復のようですよ!

 

 

さて、本日も古民家の現場に入っておりました。

天井下地をどんどん作っていっています。この上にボードを貼ってクロス仕上げとなるのですが、母屋が丸太のため癖をひろいながらボードを貼るのが大変そうです。

電気屋さん、設備屋さんが現場にこられされぞれ作業してもらいました。

電気屋さんは、床からの配線ではなく天井裏をに電線をとうして配線をする方法です。

なので、何度も天井に上がりながらになるので作業も大変そうです。

また、設備屋さんはユニットバスと洗面の取り回しの配管をしてもらいました。

 

では、写真で振り返っていきましょう。

 

11

天井ボード下地を入れています。

 

11

天窓の箇所はこの様に箱状にくぼんだ形にボードをはりこみます。

11

キッチン上の天井も下地いれます。

11

 

11

こんな感じでどんどん入れていきます。

11

天井裏の配線の作業風景です。

い~っぱい電線があってなにがなんだかわかりませんが、これを電気屋さんはすべて把握されてます。すごいね!

11

ならした壁の下地に4mmの厚みのベニヤ板をはっています。

クロスはこれを下地に施工ができるのできれいに貼っていきます。

梁、母屋が丸なので癖をひろってはるのがたいへんです。

11

いままで、屋内にトイレがありませんでした。

今回は、トイレを増築。

基礎はブロックを積んでそこに土台、柱を入れていきます。

11

これで壁が起こせます。

11

ユニットバス、洗面所の配管もセッティング完了。

木地を欠きとって作業してもらって苦労をおかけしております。

リフォーム工事は新築時とは違い下地が結構複雑になってくるのでみなさん臨機応変に対応していただいています。

 

ということで、本日はこれにて作業終了です。

みなさんお仕事お疲れさまでした!

Copyright © 株式会社カモノセログ All Rights Reserved. -ログイン