メニュー

本日のカモノセログ - 株式会社カモノセログ

電話でお問い合わせメールでお問い合わせ
株式会社カモノセログ Tel:075-852-1169 お問い合わせはこちら

本日のカモノセログ

「本物のログハウスを建てる!ログ壁への塗装2回目!」

カテゴリ: 京都 八幡市 狭所住宅新築工事 作成日:2018年10月13日(土)

皆さんお疲れ様です!

京都でおしゃれな注文住宅を手がける工務店、株式会社カモノセログたっちゃんです!

今日は週末土曜日、お天気も良かったです。

日中はバイクで国道162号線をかっ飛ばされている方も多く見受けました。飛ばしすぎたら捕まりまっせ。

 

さて、本日も工場でP&Bログハウスの作業をしていました。

1回目のログ壁への塗装から少し日がたち乾燥したので、本日2回目の塗装を行いました。

1回目よりも、より濃くなりきれいに引き締まって見えますよ!

また、室内の造作作業も行っていて昨日の続きでログへの加工を行いました。

内壁仕上げ材にしようする、パインパネル材が丸太へ飲み込むように欠き込みをしたりと準備を進めました。

 

では、写真で振り返っていきましょう。

 

 11

まずは昨日の続き、お風呂場上の壁と床を貼る部分のしこみです。

11

間柱をプレカット

11

床をはるんですが、丸太部分へは飲み込むように欠き取ります。

墨をうって、チェンソーとノミで仕上げます。

11

この中に床板を飲み込ませます。

11

こんな感じで板を乗せる予定です。

 

11

また、この三角の壁ですが、仕上げ材はパインパネル12mmを張り上げます。

丸太へは書き込んで入れることできれいに納まります。

11

さっきと同様に溝を壁全体にほります。

11

1回目の塗装も十分に乾いたところで、2回目の塗装を行います。

11

右側が光で反射しているのがわかりますか?

11

2回目の塗装も終わりました!乾燥させて外部の塗装はこれで終わりです。

無塗装の状態と比べてみましょう。

2 1

全然ちゃいますね!

塗料の中には、着色もそうですが、防虫、防腐、防水などの効果がある薬剤が入っています。

それを重ねて塗ることで木を保護するのです。

 

ということで、今週はこれにて作業終了です。

みなさんもお仕事お疲れ様でした!

 

週明け、月曜日またお会いしましょう!

 

では、良い週末を!

「本物のログハウスを建てる!ロフト框・杉・ブビンガ」

カテゴリ: 京都 八幡市 狭所住宅新築工事 作成日:2018年10月12日(金)

皆さんお疲れ様です!

京都でおしゃれな注文住宅を手がける工務店、株式会社カモノセログたっちゃんです!

今日は久しぶりにいいお天気になりましたね!でも、寒いですが・・・

もう少し気温高かったらいいんですけどねぇ~

 

さて、本日も工場でログハウスのお仕事でした!

垂木の準備はもうほぼおわり続いて他の作業に移っています。

室内に床をはる箇所があり、はしごをかけて登ってくるのですが、そこの見切りとなる框材を仕込んでいます。

ブビンガと杉を使って造作です。

その次は、お風呂場になるところの上にステージを組むのでそのプレカットも行っています。

 

また、土台のプレカット材が来たので追加加工をします。

柱に丸太を使っているため、土台の胴付きがまちまちになってくるのです。

それをプレカットで発注しようと思うとミスにつながるので、土台の柱胴付きに関しては僕らで手加工します。

 

では、写真で振り返っていきましょう。

6

はしごが来るところの開口部。

床の見切り材、框を取り付けました。

ブビンガを使用しておさめましたよ!

6

吹き抜け側の框材は杉で。

6

こんな感じで見切り材がプレカットできました。

 

6

つづいて、ここは脱衣場、お風呂場になるのですが、その上にステージをつくります。

そのため、まずログに面をつけて柱をいれていきます。

6

面をだしました。

6

柱が来るところへほぞをつけて、

6

こんな感じで管柱いれました。

6

プレカット材です。

ものすごい背が高い!大きな梁です。

6

プレカットされてた土台部材。

丸太柱が来る箇所の仕口を僕たちで手加工してやります。

 

本日はこれにて作業終了です。

みなさんもお仕事お疲れ様でした!

 

では、また明日!

 

 

 

 

「本物のログハウスを建てる!屋根の加工つづき」

カテゴリ: 京都 八幡市 狭所住宅新築工事 作成日:2018年10月11日(木)

皆さんお疲れ様です!
京都でおしゃれな注文住宅を手がける工務店、株式会社カモノセログたっちゃんです!

本日は寒い一日になりましたね~ 雨もずっと降ってるし冬を思わせる寒さに、暖房器具の準備せなあかんな~と感じました。

今年は雪 少なかったら良いなぁ~・・・

 

さて、本日も工場でP&Bログハウスのお仕事!

昨日に引き続き、屋根の加工です。

屋根の角になるのが、4箇所あるわけですが、今回は3箇所が斜めになるので事前に作り込んでおきます。

結構な急な勾配でそこを斜めにカットするので、面材のカットも少し複雑になるのです。

 

では、写真で振り返って行きましょう。

 

1

垂木に墨をつけました。こんなにも斜めにカットします。

1

ケラバ先は母屋に垂木がかからず宙吊りになるので、突っ張り棒をいれて仮組みします。でないと垂木が落ちてくるんです。

1

斜め過ぎて丸鋸ではカットできないので、そんなときはチェンソーでカットします。

きれいにカットできました。

1

床パネルもプレカットできています。

次は、手すり、階段がくるところの見切り材を取り付ける段取りです。

1

垂木の木口を、鼻つなぎして完成。

1

 

1

反対側はまた別の角度でカットします。

1

こんなふうになってきます。

 

今日はこれにて作業終了です。

明日も引き続き工場でログハウスの加工を行います。

 

皆さんお仕事お疲れ様でした!

 

では、また明日!

Copyright © 株式会社カモノセログ All Rights Reserved. -ログイン