メニュー

本日のカモノセログ - 株式会社カモノセログ

電話でお問い合わせメールでお問い合わせ
株式会社カモノセログ Tel:075-852-1169 お問い合わせはこちら

本日のカモノセログ

「配筋完了!型枠工事!」

カテゴリ: 京都 京北 そば屋さん「京蕪庵」新店舗工事 作成日:2019年02月21日(木)

皆さんお疲れ様です!

京都でおしゃれな注文住宅を手がける工務店、株式会社カモノセログたっちゃんです!

今日も寒いですね~!天気も崩れたりですが、体調管理きをつけて行きましょう!

 

さて、本日は工場でお仕事でした。

店舗の新築工事も順調に進んでおり、昨日で配筋もととのい、今日は型枠を入れて打設を始めてもらっています。

今朝は、アンカーをすえに現場にちょっとよってきました。その時の写真を載せます。

また、今日は工場でこちらの物件に使用する躯体となる古材の状態を確認しました。

材料がどのように使えるか、考えながら木を見て決めていきます。

他の物件に使用しされていた古材、それゆえの加工が施されたものになりますが、それをうまく使って大変身させます。

 

では、写真で振り返っていきましょう!

4

昨日亀岡の、鉄筋やさんに来てもって配筋してもらいました!

きれいに仕事されてます!

そして、型枠をいれてもらってます。

ここからは基礎工事バトンパスです。

4

アンカーボルトを鉄筋に固定していきます。

4

一発ですべてコンクリートを打設するので型枠内側は浮いた状態になります。

一度、硬めのコンクリートで外周部をうっって、そのあと、立ち上がり部分に生コンを流し込みます。

こうすることで、バイブレータでついても流れすぎないという、生コンが流れるのを防ぐやくわりがあります。

4

コンクリの圧により型枠がたわむと格好がわるいです。

そうならないように、たくさん突っ張りをいれて型枠が動かないようにテンションをかけます。

こんな感じで作業してもらっています。

 

ということで、本日はこれにて作業終了です!

明日は、上賀茂の物件、町家の修繕作業に行ってきます!!

 

では、皆さんお仕事お疲れ様でした!

 

 

「鉄骨のスロープ!床材は人工木で!」

カテゴリ: 京都 八幡市 狭所住宅新築工事 作成日:2019年02月20日(水)

みなさんこんばんは!京都でおしゃれな注文住宅をてがける工務店、カモノセログのたっちゃんです!

今日は朝方は雨!現場へ向かう途中きつく降っていたので一時はどうなることかと思いましたが、現場では雨もなく天気も味方してくれました!

 

さて、本日は八幡のログハウスの現場です!

地元の鉄工所に頼んでいた鉄骨躯体が仕上がったので、今日は建て方に行きました!

事前に測量し、製図していたものです。

鉄工所の親方と一緒に三人で現場に向かいました。

 

作業も順調に進み、図面通りぴったりでおさまりました!すごい!うれしい!

お昼前に建て方が終わり、鉄工所の親方もお昼でさようなら。

ここから、塚本部長と二人でデッキを仕上げていきます。

前回にも施工した要領で、作業もスムーズに進み、思った以上に施工できました!頑張った!

 

では、写真で振り返っていきましょう。

7

朝一番。まだ外はうっすら暗い中。

地元の鉄工所、周山鉄工さん。

鉄骨を積んでいざ、現場へ向かいます!

7

現場到着!建て方進めていきます!

クレーン操作は僕!

7

水道の検査があったので検査官と、設備屋さんが来てました。

そんな中がんがん建て方進めていきます。

寸法もぴったりで、すべて図面通り!設計しているほうからするとすごいうれしいです!

7

ささっと、手すりもとりつけてもらいました!

7

お昼には建て方完了!

鉄工所の親方とお別れして、ここからは僕らの仕事!

7

だーっとはっていって結構進みました!

7

あとは、踊り場のみとなりました!

今日はこれにて作業終了です!

 

みなさんもお仕事お疲れさまでした!

では、また明日!

 

「配筋準備・捨てコン地墨打ち」

カテゴリ: 京都 京北 そば屋さん「京蕪庵」新店舗工事 作成日:2019年02月18日(月)

皆さんお疲れ様です!

京都でおしゃれな注文住宅を手がける工務店、株式会社カモノセログたっちゃんです!

今週も始まりました!みなさんお元気ですか?まだまだ、寒い日が続きますが栄養ドリングたくさん飲んで頑張りましょう笑

 

さて、今日は工場で作業!

京北のお蕎麦屋さん京蕪庵に使用する躯体となる部材。

こちらには古材を使用します。

丸太の梁が象徴となる物件なので今日は材料を出してどのように組むかみてみました。

工場も片付けていよいよ躯体加工の始動です。

 

そして、現場では捨てコンが完了し、今日は型枠を外し墨を打ってきました。

これで、次の段階へすすめます。配筋→型枠という段取りです。

 

7

現場が重なってくるとすぐ工場はこんな状態になるのでまずは整理!

 

7

いったん隅によせて躯体がひっぱれるように。

7

使用するのはこちらの古材。

丸太の曲がり、かっこええですよね~!

7

別の躯体で使用した古材をうまく利用して新しい躯体モジュールへ移植させます。

7

現場にきました。

捨てコンが乾いたので型枠をはずして、地面に墨をうちつけます。

 

7

工事用看板も設置してばっちり!

7

墨もうてました。

これで、次の段階、配筋屋さんへバトンタッチです。

 

ということで、本日はこれにて作業終了です!

みなさんもお仕事お疲れ様でした!

 

 

Copyright © 株式会社カモノセログ All Rights Reserved. -ログイン