メニュー

本日のカモノセログ - 株式会社カモノセログ

電話でお問い合わせメールでお問い合わせ
株式会社カモノセログ Tel:075-852-1169 お問い合わせはこちら

本日のカモノセログ

「滋賀県 安曇川 ログハウスメンテ」明日から夏季休業

カテゴリ: メンテナンス日記 作成日:2018年08月10日(金)

皆さんお疲れ様です!

京都でおしゃれな注文住宅を手がける工務店、株式会社カモノセログたっちゃんです!

いや~今日はまた暑くなりましたね~!作業途中、ぐったりしてしまいました。

危ない暑さでした。

 

さて、本日は昨日告知した通り他社施工ログハウスのメンテ作業に滋賀県安曇川までやってきました!

湖西道路を通ったんですが、いつもよく混んでいるのですが今日は比較的渋滞が少なかったです。

これも、お盆休み効果なのでしょうか。

築11年になるこちらのフルログハウスなのですが、デッキ部分が老朽化してきた、ログの外壁が汚くなってきたということでメンテナンス工事を請け負いました。

今日はまず、デッキの解体作業をしにきました。

午後からの炎天下での作業、くら~っと来ましたね。途中しゃべれなくなるくらいしんどくなったのでやばかったです笑

お客さんが休憩のたびに差し入れてくださる、冷たい水に救われました。

 

では、写真で振り返っていきましょう。

 

11

現場到着!大きな立派なログです。

古くなったログも味がでてて良いですよね。ながく楽しめるログハウス!

では、ウッドデッキ解体していきます。

11

結構痛んでいます。

ビスもステンレスでないので腐食してさびさびです。

バールで一枚づつはがしていきます。

11

ひどい箇所ではもうボロボロになっていました。

体重をかけると崩れてしまうくらい腐っています。

11

丸鋸でカットして細かくして解体するなど、工夫して作業します。

こちらは、軒下のデッキなので表よりも腐食は少なくしっかりしています。

屋根があるとないとではもちが違いますね。

11

床板を外したら下の構造材を解体していきます。

11

独立基礎も引き抜いて解体完了。

こんどはこれを積み込みます。

11

凍ったペットボトル!お客さんからの差し入れです。

ほんと助かります!

11

トラックに乗るように長さをそろえて積み込んでいきます。

11

解体したデッキについていた階段をきれいに取り外し、デッキ工事をする間、仮にこの階段で出入りできるようにしました。

 

11

お昼にいただいたスイカ。

甘い!うまい!そして、水分補給にもなりました。ありがとうございます!

11

みんなで頑張って、お客さんも少し手伝ってくださり一日で解体完了です!

炎天下での午後からの作業は倒れそうになりましたが事故等なくおわってよかった!

 

ということで、これにて作業終了です。

明日から夏季休業します。

では、また来週お会いしましょう!

よいお盆を!

 

 

 

「簡単リフォーム タイルカーペット!・古民家 引っ越し」

カテゴリ: メンテナンス日記 作成日:2018年08月08日(水)

皆さんお疲れ様です!

京都でおしゃれな注文住宅を手がける工務店、株式会社カモノセログたっちゃんです!

昨夜から急に涼しくなりましたね。今日も一日過ごしやすかったです。

これが、いつもの盆前なのか・・・

最近までが暑すぎる、異常だったのですね。

 

さて、本日は昨日に引き続き古民家の現場へ。

今日はお引越しです。

カモノセログのみんなで引っ越しのお手伝いしてきました。

離れの棟に仮住まいしていただいていたので、荷物の移動です。

大きなタンスはもちろん、テレビの設置だとかお手伝いさせていただきました。

お盆前なので一区切り、きちんと周りも綺麗にしていきます。

 

1 10

離れのお家です、こちらで仮住まいしていただいてました。

建具を外して引っ越しです。

ちなみにこの離れは引越し後、解体撤去します。

1 10

仮住まいができるように、古く傷んだ床を直しその上にタイルカーペットを貼っていました。

こちらを再利用して一部の部屋に使用します。

1 10

昔おくどんさんがあった箇所です。

合板で床下地までしていました。

こちらは物置部屋になります。この上にタイルカーペットを敷き詰めて行きます。

1 10

 

1 10

まず、真ん中からおいていきます。

そして周りのカーペットをカットしながら敷き詰めます。

1 10

再利用したとは思えませんね。

当初使用したの部屋床面積よりも、新しく施行する床面積が小さければこのように再利用が可能です。

1 10

カーペットがはれたので物置に荷物を移動します。

1 10

つづいてこちら。

昔は板張りでしたがこちらへもタイルカーペットを敷き詰めます。

1 10

これらも再利用したものです。

このあと荷物を移動しました。

1 10

いつもお世話になっている建具屋さん。

玄関扉へ鍵を新調してもらっています。

昔ながらの職人さんが古民家へ入っていると様になりますよね!

 

ということで、今日のお引越しは無事に終わりました。

 

明日は工場でログハウスの加工です。

では、みなさんもお仕事お疲れ様でした!

 

「京都・古民家リノベーション完成間近!」明日はお引越し

カテゴリ: メンテナンス日記 作成日:2018年08月07日(火)

皆さんお疲れ様です!

京都でおしゃれな注文住宅を手がける工務店、株式会社カモノセログたっちゃんです!

今日もまた暑い一日となりましたね!もうすぐお盆休み!直前までバリバリ仕事しますよ~!

 

さて、今日はタイトルにもありますが、古民家改修工事いよいよ完成間近となりました!!よっ!!!

明日はみんなでお引越しです。その為、事前に撮影のため今日は朝一番で現場に伺ってきました。

現場を離れて少したち、工場で次の物件の躯体加工をしていたのですっかり現場の状況も変わっています。

他の業者さんたちも頑張って作業してくれてきれいに仕上がってましたよ~!

最後には、美女モデルも登場するので是非いちばん最後まで見てくださいね~!

 

それでは、写真を掲載していきますね!

01

古民家の和の中に洋を取り入れたカモノセログのスタイル。

古材の中に新材を入れた事でぐぐっと家が引き立っていませんか?

天井も構造材をむき出しにすることで開放的な空間に変わりました。

14

畳があった和室の間をワンルームとし、無垢の木の板をはって洋風にしています。

躯体は塗装をし、土壁にはクロスを貼って仕上げています。

14

もともと平らな天井があった部分は取り壊し、高さをだして、天井高さのある開放的な空間にしています。

14

キッチン周りもこのようなスタイルに。

桧の天然柱が迫力があります。これもカモノセログで在庫してる素材になります。

 

古材と新材とが融合し「和と洋」を楽しめる新しい古民家のスタイルとなっています。

 

14

和室の間が2つ、そして、台所、この3つの空間が無垢の木でつながっています。

 

では、ここからは過去の施工前の写真も踏まえてみていきますね。

14

畳を上げ、床の下地の状態です。

古い家は石の上に直接構造材が乗っています。

これらの下地は老朽化していたため、全て新しいものにやりかえました。

5 コピーs

危ないものは取り替える、使えるものは使う。

こうして部分的にやり方を考えて工事をしていきます。

14

仕上がりがこちら。

14

こちらは、台所です。

以前は平たい天井になっていました。

これらを解体します。

14

構造材が現れました、勾配天井になるので開放感、圧迫感が違います。

14

断熱材をきちんと充填し施工します。

以前は暗かった部屋ですが、天窓を設けることで明かりの入り込む部屋に変わります。

14

 

14

 

14

古民家に天窓。

ありじゃないですか?

14

工事まえの写真です。

天井を見て下さい。

平たい天井になっています。

これを解体して高さを出します。

14

 

14

構造材が現れました。その上まで天井を伸ばします。

14

するとこういった開放的な天井に変わるのです。

14

古い土壁も処理することで、クロスを貼ることができます。

14

このようにきれいに仕上がります。

古民家ですが、新築の仕上がりです。これは、見ないと、体感しないとわかりません。

14

雨漏りをして傷んだ天井材も取り替え、土壁も補修し、きちんと工事することで見違えるようにきれいになります。

14

こちらの部屋にも天窓を入れました。

 

いよいよ明日はお引越しです。

これまで、離れの部屋に移動し仮住まいして頂いていました。

ご迷惑おかけしました。いよいよ新生活の始まりです。

 

 

 お・ま・け

 

 

S 17301550s

お客さんから頂いた写真。

お子様の あおちゃん です。

これだけ広かったら走り回れますね笑

現場で会うにつれ、手を振ってくれて、仲良くなれて嬉しかったです。

知らん間に大きくなるんやろ~な~と、思いながらこれからも仕事がんばります。

 

最後まで見てくださりありがとうございました!ではまた、明日!

 

 

 

Copyright © 株式会社カモノセログ All Rights Reserved. -ログイン