メニュー

本日のカモノセログ - 株式会社カモノセログ

電話でお問い合わせメールでお問い合わせ
株式会社カモノセログ Tel:075-852-1169 お問い合わせはこちら

本日のカモノセログ

古民家 床下地完成・天井下地作成へ

カテゴリ: メンテナンス日記 作成日:2018年06月08日(金)

皆さんお疲れ様です!

京都でおしゃれな注文住宅を手がける工務店、株式会社カモノセログたっちゃんです!

今日は蒸し暑い一日になりましたね、午後からは雨が突如降りだして降ったりやんだりの変なお天気でした。

 

 

さて、本日も古民家の現場に入っておりました。

床の下地作りが終わり、続いて天井の下地を作っていきます。

勾配天井の部分と平天井の部分とあるので、それぞれ下地を作っていきます。

また、仕上げはボードにクロスということなので寸三下地を入れていこうと思います。

 

では、写真で振り返っていきましょう。

 

11

残すはここの下地。

大引きをいれていきます。

11

よし、これで根太もおっけいです。断熱材入れましょう。

11

よし、これでオッケイ。

ちゃんとヒノキ丸太のとこも断熱いれてますよ~

11

合板でふたをしてこれで床下地完成!

 

11

お客さんにいただいたシリーズ。

すごい飲料水が出ているものです。

ストレス軽減!!

そんなのあるんですか、しかも、一時的にと書いてあります笑

飲んだ感じ、まったくわかりませんでした笑

 

11

既存お風呂場の部分解体。

既存サッシを新しく入れ替えるのでカットしていきます。

ダイヤモンドの刃ですが硬くてなかなか切れません。大変です。

11

最近お昼は、コンビニで。

うどんと、わさびおにぎり食べました。

わさび好きな僕なので、こんなの売ってたら飛びついてしまいました。

そんなにわさび効いてないですが、苦手な方は食べられなさそうな味ではありました。

11

解体して中が丸見えなので、合板でかりにふたしてます。

11

床下地終わったので、つづいて天井下地。

二階というか、上にのぼってまず墨だし。

62D52C43 5525 4461 93AB 4DE07C957AC8

寸三で尺入れします。

11

下から見上げるとこんな感じ。

ここにボードはってクロスです。

梁の上に直接寸三を打たずスペーサーを入れてみました。

これでボードはりがうまくいくとラッキーです。

 

ということで、本日はこれにて作業終了です。

みなさんお仕事お疲れさまでした!

 

古民家 床下地 サッシ取り替え

カテゴリ: メンテナンス日記 作成日:2018年06月07日(木)

皆さんお疲れ様です!

京都でおしゃれな注文住宅を手がける工務店、株式会社カモノセログたっちゃんです!

今日はお天気回復でしたね。ですが少し蒸し暑くなりました。

梅雨に入りましたが、この季節結婚シーズンでもありますね。

ジューンブライドってやつです。

高校時代の友達が実は今週末結婚だそうで、昨日遅くにlineきました。

僕は式場には呼ばれてませんが、報告ってことでlineです。高校時代はよく遊んでましたが。卒業後ほとんど会うことがなかったんですが、こうしてメッセージくれました。

報告が式の3日前だったんですが、花でも贈ろうと花キューピットで依頼しときました。

 

さて、本日も古民家の現場に入っておりました。

引き続き、床の下地を作っています。

北縁の床下地を終え、キッチン周りの床下地を作っていきます。

また、サッシの入れ替えも行っていきます。

 

では、写真で振り返っていきましょう。

 

11

北縁の床下地続きです。

寸三を打って、間に断熱材を敷きつめました

11

こんな感じです。

11

合板でふさいで下地完成。

つづいて、既存サッシを交換するため解体撤去します。

11

外部の壁をカットしてサッシを取り除きます。

11

こちらが新しいサッシ枠です、これを取り付けていきます。

IMG 8505

サッシ枠取付中です。

床板がアングルピースに収まるように設定をすることで、きれいにサッシに床が差し込んだ形で仕上げることができます。

北縁の床下地が終わったのでこちらの床下地を進めていきます。

11

こちらも既存床がしっかりしているのでこの上から木地を足していきます。

おいているのは、77mmに分合わせした杉材。

これを大引きとして使用します。

11

そして井桁に根太を尺ピッチで転ばします。

11

そして、断熱材を敷き詰めていきます。

IMG 8504

そのあと、合板で捨て貼りです。

11

既存お風呂場の解体も始めます。

11

今日のお客さんにいただいたシリーズ。

ガリガリ君です。

メロンソーダ出てるんですね。

当たり期待しましたが、案の定 はずれです。

そう簡単には当たりませんよね笑

 

本日はこれにて作業終了です。

 

みなさんお仕事お疲れさまでした!

 

 

古民家 床下地

カテゴリ: メンテナンス日記 作成日:2018年06月06日(水)

皆さんお疲れ様です!

京都でおしゃれな注文住宅を手がける工務店、株式会社カモノセログたっちゃんです!

今日は雨になりましたね。ラジオで行ってましたが、京都梅雨入りだそうです。

嫌ですね~梅雨。バイクに乗れません。そこかいっ!って感じですが。

 

さて、本日も古民家の現場に入っておりました。

午後からは民泊の事前協議のため、京都市役所まで向かったのでお昼過ぎまでしか作業はできませんでした。

畳の間、和室の床下地補強も終わりました。根太の本数を多くしてレベルも補正してあります。

畳下の板については痛みなかったので、そのまま使用。

束追加と、根太追加、レベル補正の三点を行いました。

こちらは新たに畳を入れます。地元の京北の畳屋さんに測量に来てもらって製作にかかります。

 

どんどん床下地を作っていきます。

北の縁は、現況下地に木地を足して床板をはります。

丈夫な下地には、このように上に重ねることで下地を作ることができます。

 

では、写真で振り返っていきましょう。

 

IMG 8487

さて、根太が追加でき、束も追加できました。

中心にいくほどくぼんだ様に床が下がっていたので補正しています。

床下の作業が終わったので、畳下の杉板を元通りに戻していきます。

IMG 8487

順番通りに置きなおします。

IMG 8487

今日のお客様から頂いたシリーズ。

「クリアラテ」

まさか、コーヒーの味しないでしょと飲んだらビックリ、コーヒーです。

透明なので変な錯覚起こすやつです笑

最近、こういった透明シリーズ多いですよね。みかんとかヨーグルトとか、すごいです。

 

IMG 8487

板を戻し終えました。この上に新たに畳を敷きます。

IMG 8487

北縁です。

下地がしっかしとしているので、この上から木地を貼っていきます。

 

IMG 8487

おくどさんの箇所もこのように床下地完成です。

 

IMG 8487

今日はここまで、みんなはこの後も作業ですが、僕は市役所へ向かいます。

 

IMG 8487

やってきました、建築審査課。

バリアフリー条例の協議です。図面の訂正、申請書の訂正などこまかなことを協議します。

協議内容を資料として残す際に差し替え間違いがあったらダメなので窓口で直接おこないます。

ここ以前の話なら電話対応でも結構話せます。しかし、一度受理してもらったら一段階上の話になるのでこうして直接窓口へ来なければいけません。

僕のほかにもバリアフリー条例のことで話されてる方も二組おられました。

みんな頑張ってるなーって思いながら僕も頑張ろうと、後押しされた気持ちです。

同じ京都市内ですが、遠いので不便です。

 

今日はこれにて作業終了です。

みなさんお仕事お疲れさまでした!

 

 

 

Copyright © 株式会社カモノセログ All Rights Reserved. -ログイン