メニュー

古民家 天井断熱・コンクリ壁下地・土壁ボード下地 - 株式会社カモノセログ

電話でお問い合わせメールでお問い合わせ
株式会社カモノセログ Tel:075-852-1169 お問い合わせはこちら

本日のカモノセログ

本日のカモノセログ

古民家 天井断熱・コンクリ壁下地・土壁ボード下地

カテゴリ: メンテナンス日記 作成日:2018年06月19日(火) 最終更新日:2018年06月19日(火) 公開日:2018年06月19日(火)

皆さんお疲れ様です!

京都でおしゃれな注文住宅を手がける工務店、株式会社カモノセログたっちゃんです!

地震発生から一日が経ちました、昨夜も余震がありましたね。

友達は大阪に住んでるんですが、夜怖くて寝られなかったと言ってました。

まだまだ余震があるので気を付けていかないといけませんね。また、ブロック塀が倒壊して事故がありましたが古いブロック塀は古い基準で建てられた物も多いと思います。できるだけ避けたほうがよさそうですね。

 

さて、本日も古民家の現場に入っておりました。

平天井の上に断熱材を敷き詰めました。また、ボードを貼るための下地壁を作っています。

あら土の上に合板を貼って下地を合わせていきます。

丸太の曲がり具合をクセをひろいながらの作業のため、加工の手間がかかります。

地道に作業進めていきます。

 

では、写真で振り返っていきましょう。

 

13

電気配線も終わったので天井に断熱材を敷き詰めていきます。

155mmの厚みのあるグラスウールをおいていきます。

13

下地材に直行するように置くことで上からタッカーで固定できます。

13

材料がなくなったのでいったん中断し他の作業へ。

13

縁の断熱も入れて終わらせておこうと思います。

13

ここには15mmの断熱材を敷き詰めています。

この上に床材を直貼りしていくので捨て貼りはしません。

13

本日のお客さんにいただいたシリーズ。

ファミリーマートの ファミチキ!

たんまに食べたくなりますよね~うまいです。

最近、とりステーキ?みたいなの横並びでありませんか?あれ、おいしいですよ!

 

最近定食屋にはいかず、コンビニで昼食済ませてます。

13

久しぶりに部長の塚本さん見ました。笑

現場で打ち合わせです。

細かなおさまりの話なのでテレビ電話ではしんどいのです。

現場での打ち合わせが確実で、早い!

 

13

小壁の延長のためあら土に合板を貼っていきます。

固定は後回しにしてとりあえず型とって加工をすすめます。

13

こんな感じです、先日塗装した梁が丸太なので癖を拾っていくのにくろうします。

13

合板で面あわせしたあとは、4mmのラワンベニヤを。

普通の合板では、クロスをはったときにアクがでてよくないので、ラワンをはっています。

ちなみにこちらも、固定は後回しで型を先行して加工しています。

 

13

この土壁部分は面が整っているため、直に4mmベニヤをはります。

こちらも固定は後にして型をとっています。

 

13

既存お風呂場のこの箇所は洗面所になります。

コンクリートにあらたに壁を作っていくため、木地を足す必要があります。

ここには、ウレタンボンドとコンクリビス、釘を併用しながら固定していきます。

相手がコンクリの場合ちょっとやっかいです。

13

最後おまけです。

 

天井裏にこんなハチの巣がありました。

どこからから出入りしていたようです。

今回、隙間ができないようにシーリングしているので今後はできないと思います。

しかし、立派ですね。

 

ということで本日はこれにて作業終了です。

 

みなさんお仕事お疲れさまでした。

 

参照数: 761

Copyright © 株式会社カモノセログ All Rights Reserved. -ログイン