メニュー

古民家 床下地作成 - 株式会社カモノセログ

電話でお問い合わせメールでお問い合わせ
株式会社カモノセログ Tel:075-852-1169 お問い合わせはこちら

本日のカモノセログ

本日のカモノセログ

古民家 床下地作成

カテゴリ: メンテナンス日記 作成日:2018年06月04日(月) 最終更新日:2018年06月04日(月) 公開日:2018年06月04日(月)

みなさんこんばんは!京都の工務店カモノセログたっちゃんです。

6月に入りましたねー!もうすぐ梅雨になりますねぇ、そのせいか今日は蒸し暑い1日でした。

ラジオで話されてましたが、暑い時期は体が冷えるんですって言われてました。と言うのも、屋内

の施設はクーラー効きすぎてて体が冷えすぎるようです。現場で作業してる身からすると羨ましいですが、自分の体に合った設定ができない環境も嫌だなと感じました。

 

さて、本日も古民家の現場です。

今日は一人での作業でした、内容は前回の続き。

床下地を作っていきます。

前と同様に、45mmの角材を井桁にくんで下地を作っていきますよ。

 

では、写真で振り返って行きましょう。

7A09D0E3 642D 4EDC 9CD8 BFD0790DA79E e53d7

奥の間の床下地を作っていきます。

7A09D0E3 642D 4EDC 9CD8 BFD0790DA79E e53d7

45mmの角材を大引きに打ち付けていきます。

これが根太をうける材料になります。

7A09D0E3 642D 4EDC 9CD8 BFD0790DA79E e53d7

その上に井桁に45mmの角材をさらに入れます。

7A09D0E3 642D 4EDC 9CD8 BFD0790DA79E e53d7

尺ピッチにいれたところに、断熱材をぎゅっと押し込みます。

7A09D0E3 642D 4EDC 9CD8 BFD0790DA79E e53d7

そして、捨て貼り合板をパタパタと置いていきます。

今日はここまでで作業終わりました。

 

明日も引き続き現場作業頑張ります!

みなさんお仕事お疲れさまでした!

 

参照数: 97

Copyright © 株式会社カモノセログ All Rights Reserved. -ログイン