メニュー

「木造ガレージを作る!下屋板金・ロフト床板」 - 株式会社カモノセログ

電話でお問い合わせメールでお問い合わせ
株式会社カモノセログ Tel:075-852-1169 お問い合わせはこちら

本日のカモノセログ

本日のカモノセログ

「木造ガレージを作る!下屋板金・ロフト床板」

カテゴリ: モデル・建築日記 作成日:2018年09月24日(月) 最終更新日:2018年09月24日(月) 公開日:2018年09月24日(月)

みなさんこんばんは!京都の工務店カモノセログ のたっちゃんです。

今日は3連休最終日、いかがおすごしになられましたでしょうか?

少し天気が悪く、夕方から雨がちらついたところも多かったのでは無いでしょうか。

今の時期、蚊がよく飛んでるので思いっきり僕はかまれてます笑

長袖のうえから、針貫通してくるので長袖でも意味なしですよ笑

 

さて、本日は南丹市美山町の、木造ガレージ物件へお仕事です。

ロフトにはお客さまが購入された持ち込み品の無垢板を貼っていきます。

まずは、見切り材や、床板を受ける受け材を取り付けて準備作業です。

 

また、下屋への板金工事も取り掛かっています。

 

では、写真で振り返っていきましょう。

E1A1F80F 40EE 4514 AE81 D6D8E8E9CF89 53cc5

お客さんの持ち込み品。

杉板材です。さねが付いて、一枚貼ったら次の板を差し込んで貼り進めていきます。

 

75CBFD57 FB79 4AD6 AD05 28B85167B095 8e8c6

床板をおさめるのに、一部、梁をいれて足しました。

BED3FE64 38FC 43B4 898B 853A8761504C 210e7

まずは、見切り材となる框をしこみます。

同じ床板をひきわって作っています。

この開口部には、階段がきますよ。

C6419A97 9036 40A6 A504 BC93E2616081 998c5

壁際には、床板をうけるための材料が必要です。

白っぽい木が受け材で梁に横から打ちつけました。

ここに床板を乗せることになります。

47EF0B74 B24F 4454 BAB8 03E065BE54B3 27426

板金屋さん、下屋のしまいをしてくれてます。

なんともいえん、ええ色合いのグリーン!

FF8E2062 219F 4807 BC42 FCC70755CA3E 7d5ab

番外編。

 

会社のパソコンがおかしいです。

win10 なんですが、動作が重すぎる!

とりあえずできる限りの高速化を!ってことで、不要なアプリやディスククリーンアップやら、なんやら試してます。

 

今もなお作業中ですが、治ってほしいなと祈るばかり。

 

ということで、本日はこれにて作業終了です。

明日はなんと、奈良県は吉野の銘木やさん、徳田銘木さんへみんなで、社会見学いってきます!では、さようならー!

 

参照数: 86

Copyright © 株式会社カモノセログ All Rights Reserved. -ログイン