メニュー

「木造ガレージを作る!ロフト杉無垢板張り!」」 - 株式会社カモノセログ

電話でお問い合わせメールでお問い合わせ
株式会社カモノセログ Tel:075-852-1169 お問い合わせはこちら

本日のカモノセログ

本日のカモノセログ

「木造ガレージを作る!ロフト杉無垢板張り!」」

カテゴリ: モデル・建築日記 作成日:2018年09月26日(水) 最終更新日:2018年09月26日(水) 公開日:2018年09月26日(水)

皆さんお疲れ様です!

京都でおしゃれな注文住宅を手がける工務店、株式会社カモノセログたっちゃんです!

今日も涼しい一日でしたね。いつも蚊が多く困っているのですが、今日は蚊も少なかったです。

気温が関係しているのでしょうか。

 

さて、本日も南丹市は美山町の木造ガレージ物件の現場にはいっていました。

ロフトに杉の無垢板を施工していきます。

お客様からの支給品の杉の無垢板材です。働き幅は180mmで厚み30mmのものです。

製品自体に幅のばらつきがあるのでちらしながら貼っていきます。

 

では、写真で振り返っていきましょう。

12

さてさて、見切りと受け材が打てたところでさっそく、板張りをスタートです。

12

柱が4か所あるので、まえもって床板を差し込めるように準備。

首切り と呼ばれる作業です。リストラじゃないです。

 

12

床板の木っ端をつかって

12

薄めのノコで切れ目をいれます。

12

ほんで、ノミで欠きとってやります。

ここに床板が飲み込むわけです。

12

床用のボンドも併用してビスで止めていきます。

12

どんどん、はり進めます。

12

ここまでは加工なしで貼れますが、ここから難しいです。

柱に飲み込ませるのです。

12

 

12

送り込んでやるとこうやって入ります。

さねの分があるので送り込む長さは注意が必要です。

12

次は、反対側。

これは送り込んで入れるんで、簡単にやりおくれます。

12

こんな感じで、はれました。

二人で作業してここまで。

 

というわけで、本日はこれにて作業終了です。

みなさんお仕事お疲れさまでした!

 

では、また明日!

 

 

参照数: 55

Copyright © 株式会社カモノセログ All Rights Reserved. -ログイン