メニュー

「木造ガレージを作る!外壁パネル・天井遮熱パネル」 - 株式会社カモノセログ

電話でお問い合わせメールでお問い合わせ
株式会社カモノセログ Tel:075-852-1169 お問い合わせはこちら

本日のカモノセログ

本日のカモノセログ

「木造ガレージを作る!外壁パネル・天井遮熱パネル」

カテゴリ: モデル・建築 作成日:2018年09月18日(火) 最終更新日:2018年09月18日(火) 公開日:2018年09月18日(火)

皆さんお疲れ様です!

京都でおしゃれな注文住宅を手がける工務店、株式会社カモノセログたっちゃんです!

 連休明けで今日の仕事しんどい方もいらっしゃたのではないでしょうか?

しかし、また今度も連休ですししっかり働いていきましょう笑

 

さて、本日も南丹市美山町で木造ガレージつくりです!

今日からようやく国道162号線 美山へぬける深見峠が片側交互通行となりました。

いや~長かったですね。

台風21号はほんまにすごい勢力でしたね・・・改めて痛感します。

 

では、写真で振り返っていきましょう。

10

昨日の続きから、パネルを張り上げていきます。

10

こちらは、正面ですね。

ここもはれました。

ということで、下屋の板金が終わるまでパネルの作業はいったん終わります。

10

こちらの面は明り取りをかねてポリカの波板を施工しますので、下地をつくります。

10

こんなかんじで横に地をいれます。

10

木部のとりあいの箇所にはコーキングを行うのでマスキングをしていきます。

10

ガレージですが一部部屋をつくります。

ここで問題なのが、どこからが外でどこからが中なのか。

これを明確にしてから、通気を考えます。

今回はこの母屋の上から奥が中となったので、ここの垂木の中に通気をするために通気口を設けます。

10

グリルになっているところから空気を取り込めます。

そして面戸板を入れて垂木間をふさぎます。

 

10

つづいて天井を施工するのにまずやっておくことがあります。

金属部分があると結露するのでコーキングで覆います。

10

一本づつ確認しながら作業。

このひと手間が違いを生みます。

10

その上に遮熱パネルルーフを施工。

段ボールにアルミはくが貼ってあるようなもので、コの字に折りたたみます。

それが垂木間にはいっているので少し通気層ができるんです。

 

今日はこれにて作業終了です。

みなさんもお仕事お疲れさまでした!

 

では、また明日!

 

 

 

参照数: 78

Copyright © 株式会社カモノセログ All Rights Reserved. -ログイン