メニュー

「今日は地盤調査と整地!」 - 株式会社カモノセログ

電話でお問い合わせメールでお問い合わせ
株式会社カモノセログ Tel:075-852-1169 お問い合わせはこちら

本日のカモノセログ

本日のカモノセログ

「今日は地盤調査と整地!」

カテゴリ: 南丹市日吉町 M邸 別荘新築工事  作成日:2019年07月10日(水) 最終更新日:2019年07月10日(水) 公開日:2019年07月10日(水)

皆さんお疲れ様です!

京都でおしゃれな注文住宅を手がける工務店、株式会社カモノセログたっちゃんです!

お久しぶりです!皆さんお元気にしてますか?!

 

さて、本日は南丹市は日吉町の新築工事物件の作業をしてきました!

今日の昼から地盤調査の日だったのですが、午前中には整地作業等してきました!

 

家を支える、基礎、その基礎を支える地盤!基礎も大事だし、この地盤もすごく大事!

地盤の状態を検査するのが、地盤調査!

専門の業者さんに来ていただき、お客様と僕と立会の元、調査を実施していただきました。

土地を購入するときにこの地盤調査をできたら良いのですが、不動産屋さんには断られます。

この訳は、地盤が悪いと地盤改良という工事が必要になってくるので、地盤が悪い物件ですとなると土地が売りにくいからでしょう。

なので、土地を購入し、建物をたてる工事の直前に地盤調査を行うことになるので結構ドキドキなのです。

こればっかりは目視でもわからないし調査をしないと結果がでないのです。

今日はしっかりと調査をしてきました!

 

では、写真で振り返っていきましょう!

8

敷地が高くなっているので搬入する経路を作ります。

重機をいれて土を掘り、道をつくります。

水道管や埋設してあるものに気をつけながらほっていきます。

8

ちょっと土を掘るだけでもものすごい量になります。

8

電気屋さんに来てもらって仮設用の電気のポールを建ててもらいました。

関電へ申請し、許可がおりたら電気が供給されます。

8

でた土を運搬です。

8

お昼から地盤調査!

お客様にも立ち会ってもらって調査を行いました!

建築する箇所の4隅と真ん中の計5点を計測します。

結果は、1m~1.75mまでの自沈層があったので地盤改良を行うこととなります。

柱状改良といって地面にコンクリートを流し込んで柱を作っていく改良を行う予定です。

8

調査もおわりました。

つづいて、整地のつづき!

8

再生砕石をもってきて、搬入路に敷き均します。

こうしないと土だと雨のときドロドロになるのです。

仮設の搬入経路をつくるのも大事な工事です。

8

明日から雨予報なので作業はかどってよかったです!

 

ということで、本日はこれにて作業終了です!

皆さんお仕事お疲れ様でした!

 

参照数: 156

Copyright © 株式会社カモノセログ All Rights Reserved. -ログイン