メニュー

「京都京北お蕎麦屋さん”京蕪庵”棟木、垂木!」 - 株式会社カモノセログ

電話でお問い合わせメールでお問い合わせ
株式会社カモノセログ Tel:075-852-1169 お問い合わせはこちら

本日のカモノセログ

本日のカモノセログ

「京都京北お蕎麦屋さん”京蕪庵”棟木、垂木!」

カテゴリ: 京都 京北 そば屋さん「京蕪庵」新店舗工事 作成日:2019年03月07日(木) 最終更新日:2019年03月07日(木) 公開日:2019年03月07日(木)

皆さんお疲れ様です!

京都でおしゃれな注文住宅を手がける工務店、株式会社カモノセログたっちゃんです!

すっかり遅くなっってしまいました!

今日は寒くて、雨も降っていて冬の寒さを感じる一日となりましたね!

ずっと雨で嫌になりますね。

 

さて、本日も工場にこもり躯体の加工です!

いよいよ、棟束の加工。

ということで、まずは、ゴロンボ、ヒノキ丸太の上端に束が乗るように加工をします。

棟束が用意できたら以前加工していた棟木をセット!

そして、隅木をいれて、垂木を掛けていきます。

こうすることでやっと丸太の勾配面への化粧材の飲み込み加工ができます。

では、写真で振り返っていきましょう!

7

ではでは加工です。

丸太に棟束をいれる加工をしてやります。

7

こうやって面をだして、ホゾを加工してやります。

丸太自体、下に来ているもの上に来ているものとで段差があるので、この束も段差をつけてやります。

7

こういう具合に束を長さを変えてセットします。

7

そして、棟木を乗せました。

7

隅木を掛けて垂木をセットしていきます。

7

 

7

こんな感じです。

丸太がある箇所へ垂木の加工と、天井材を貼るために丸太に飲み込ませるための加工を施します。

ということで、本日はこれにて作業終了です!

 

みなさんもお仕事お疲れ様でした!

 

 

 

 

 

参照数: 113

Copyright © 株式会社カモノセログ All Rights Reserved. -ログイン