メニュー

「本物のログハウスを建てる!床板を貼る!1日目!」 - 株式会社カモノセログ

電話でお問い合わせメールでお問い合わせ
株式会社カモノセログ Tel:075-852-1169 お問い合わせはこちら

本日のカモノセログ

本日のカモノセログ

「本物のログハウスを建てる!床板を貼る!1日目!」

カテゴリ: 京都 八幡市 狭所住宅新築工事 作成日:2018年11月27日(火) 最終更新日:2018年11月27日(火) 公開日:2018年11月27日(火)

皆さんお疲れ様です!

京都でおしゃれな注文住宅を手がける工務店、株式会社カモノセログたっちゃんです!

今日は冷え込みましたが、いいお天気になりましたね~!

空を見上げると雲が高くて、寒い季節なんだな~って感じます。最近現場にユキンコが沢山飛んでいました、今年は雪が多いか心配です。

 

さて、本日も八幡のログハウスの現場に入っておりました。

室内壁のパネル材が施工できたので、続いて床板を施工していきます!

使用する材料は、パイン材!壁と同じ材料ですね。こちらは厚みが15mmあるもので、サネ加工がしてあります。

経年変化によるチジミも少なく風合いも良いのでとても気に入っている材料です。

 

では、写真で振り返っていきましょう!

 

6 1

昨日取り付けた框、傷 汚れがつかないように養生を済ませます。

6 1

こちらが、床材!これをはっていきます。

6 1

まずは掃除して、一枚目のスタートが出来るように位置をきめます。

6 1

この貼り始めの1枚目がかんじんで、時間をくうポイントです。

6 1

框にきれいに突き合わせてはっていきます。

床鳴り防止にウレタンボンドを併用し施工します。

6 1

1Fも床スタートします。

6 1

だんだんはれていくと、嬉しくなりますね♪

6 1

 

6 1

ある程度はれたら養生をします。

6 1

これで、上に乗って作業もできます。

6 1

今日はここまで行けましたよ!

あと4枚ほどかな~

6 1

貼り終いのパーツが難しそうですが、なんとかします。

黒い材料は、叩き入れるようの木です。

パネルをトントンと叩くのです。

 

本日はこれにて作業終了です!

 

みなさんもお仕事お疲れ様でした!

 

では、また明日!

参照数: 40

Copyright © 株式会社カモノセログ All Rights Reserved. -ログイン