メニュー

「本物のログハウスを建てる!ロフト框・杉・ブビンガ」 - 株式会社カモノセログ

電話でお問い合わせメールでお問い合わせ
株式会社カモノセログ Tel:075-852-1169 お問い合わせはこちら

本日のカモノセログ

本日のカモノセログ

「本物のログハウスを建てる!ロフト框・杉・ブビンガ」

カテゴリ: 京都 八幡市 狭所住宅新築工事 作成日:2018年10月12日(金) 最終更新日:2018年10月12日(金) 公開日:2018年10月12日(金)

皆さんお疲れ様です!

京都でおしゃれな注文住宅を手がける工務店、株式会社カモノセログたっちゃんです!

今日は久しぶりにいいお天気になりましたね!でも、寒いですが・・・

もう少し気温高かったらいいんですけどねぇ~

 

さて、本日も工場でログハウスのお仕事でした!

垂木の準備はもうほぼおわり続いて他の作業に移っています。

室内に床をはる箇所があり、はしごをかけて登ってくるのですが、そこの見切りとなる框材を仕込んでいます。

ブビンガと杉を使って造作です。

その次は、お風呂場になるところの上にステージを組むのでそのプレカットも行っています。

 

また、土台のプレカット材が来たので追加加工をします。

柱に丸太を使っているため、土台の胴付きがまちまちになってくるのです。

それをプレカットで発注しようと思うとミスにつながるので、土台の柱胴付きに関しては僕らで手加工します。

 

では、写真で振り返っていきましょう。

6

はしごが来るところの開口部。

床の見切り材、框を取り付けました。

ブビンガを使用しておさめましたよ!

6

吹き抜け側の框材は杉で。

6

こんな感じで見切り材がプレカットできました。

 

6

つづいて、ここは脱衣場、お風呂場になるのですが、その上にステージをつくります。

そのため、まずログに面をつけて柱をいれていきます。

6

面をだしました。

6

柱が来るところへほぞをつけて、

6

こんな感じで管柱いれました。

6

プレカット材です。

ものすごい背が高い!大きな梁です。

6

プレカットされてた土台部材。

丸太柱が来る箇所の仕口を僕たちで手加工してやります。

 

本日はこれにて作業終了です。

みなさんもお仕事お疲れ様でした!

 

では、また明日!

 

 

 

 

参照数: 140

Copyright © 株式会社カモノセログ All Rights Reserved. -ログイン