メニュー

「本物のログハウスを建てる!外部塗装開始!垂木の加工」 - 株式会社カモノセログ

電話でお問い合わせメールでお問い合わせ
株式会社カモノセログ Tel:075-852-1169 お問い合わせはこちら

本日のカモノセログ

本日のカモノセログ

「本物のログハウスを建てる!外部塗装開始!垂木の加工」

カテゴリ: 京都 八幡市 狭所住宅新築工事 作成日:2018年10月10日(水) 最終更新日:2018年10月10日(水) 公開日:2018年10月10日(水)

皆さんお疲れ様です!

京都でおしゃれな注文住宅を手がける工務店、株式会社カモノセログたっちゃんです!

今日は昼から天気が崩れて雨がふり、寒くなりましたね。明日も雨のようです・・・

 

さて、本日も工場でP&Bログハウスのお仕事です!

午前中は工場の整理と他の用事で手が付けられなかったのですが、お昼前から作業できました。

昨日かけた垂木を加工していきます。

軒先、鼻先を整えてカットしていくのです。

ここで気をつけるのが境界線。今回は境界めいいっぱいまで建築するので、屋根がオーバーしてくるので斜めにかける必要性があります。

なので、工場に地墨(地面に境界ラインをうちます)をうって垂木を控えてカットします。

屋根付きの大きな工場、そして、工場の中は土間が打ってあるという設備があるからこそ出来る仕事です。

 

また、今日から1人作業の手が増えました。頑張って作業していきますよ!

外部に露出する箇所への塗装を行っています。

全部で2回塗るので、今日は1回目の塗装です。

 

では、写真で振り返っていきましょう。

13

朝はバタバタと他の作業をしていてお昼前から作業開始。

今日からカモノセスタッフ1人増えて作業していきます!

まずは、外部の木への塗装を行います。

13

 

13

今回の塗料は、サドリンクラシック メイズ色です。

乾燥後、もう一度重ねて色を塗ります。

13

ええ色してます!

13

こちらロフトの梁があります。

この上に床板を施工するのですが、今回はJパネルという建材を使っていきます。

13

こんな無垢板のパネル材になっているもので、きれいな面を下に向けて(これが1階の天井になります。)使用します。

13

厚みのあるしっかりしたものです。

13

柱の塗装も行います。

大きな木なので、自立します。

倒れないように頭をつないで塗装します。

13

きれいに塗れました!

13

そして、垂木の準備続きです。

二箇所屋根を斜めにかけるところがありますのでその加工をします。

13

垂木もこんな感じに斜めに切っていきます。

13

こちらは、反対側の屋根。

ここも斜めにカットします。

13

掃除をして今日はこれにて作業終了です。

この面は、垂木を切ってその小口を鼻つなぎで固定したのでこれで垂木の準備はOKになります。

 

明日も引き続き作業行います!

みなさんお仕事お疲れ様でした!

 

では、また明日!

 

参照数: 23

Copyright © 株式会社カモノセログ All Rights Reserved. -ログイン