メニュー

リフォーム工事始動 まずは解体です - 株式会社カモノセログ

電話でお問い合わせメールでお問い合わせ
株式会社カモノセログ Tel:075-852-1169 お問い合わせはこちら

本日のカモノセログ

本日のカモノセログ

リフォーム工事始動 まずは解体です

カテゴリ: メンテナンス 作成日:2018年02月16日(金) 最終更新日:2018年02月16日(金) 公開日:2018年02月16日(金)

皆さんお疲れ様です!
京都でおしゃれな注文住宅を手がける工務店、株式会社カモノセログたっちゃんです!

今日は一日いいお天気になりましたね!寒さがいまだ続いていますが、どうやらぐんっと温度が上昇するようですね。しかし、また冷え込むようなので体調にはみなさん気を付けてください。

 

さて、今日はリフォーム工事の現場にいってきました。

カモノセスタッフ総出でまずは解体作業です。

部分的な内外装のリフォームになるので、きちんと計画通りに進めていくことが大切です。

みんな頑張って作業したので、今日で大部分の解体作業を終えることができました。

では、写真で振り返っていきましょう!今日は写真多めですよ!

 

30

朝いちばん、現場到着。

閑静な住宅街です。中古物件を購入され、リフォーム工事を承りました。

 

30

まずは玄関から、引き戸があるのですが戸袋になる壁を撤去し、玄関スペースを拡張します。

なので、壁を解体します。

30

 

30

こういうことです。

右手の赤い円柱はオーエムソーラーです。

30

食器棚も丁寧に外していきます。

30

解体時は電線が干渉してくるので注意が必要です。

電気屋さんに立ち会ってもらいながら安全に作業をすすめます。

100vなので感電しても死には至りませんが

30

キッチンもすべて撤去します。

30

 

30

ひとつづつパーツを取り外します。

 

30

 

30

脱衣場も大幅に解体です。

30

 

30

 

30

ユニットバスも全撤去。

30

すっぽり取れます。

といってもかなりのパーツ数なので比較的に難しい解体項目です。

30

二階に上がってきました。

L型のベンチ?も撤去です

30

 

30

押し入れもなくします

30

床板の下の黒いものが見えているのは、おそらく遮音シートだと思われます。

分厚いゴム状のもので防音効果を期待して施工するものです。

30

壁の撤去はこんな感じで一本ずつ釘を抜いていきます。

地味でしょ?

30

この反復作業です。

何百本も抜いていきます。

テレビでリフォームと聞くと、かなり派手にやってますが本当の現場はそんなのしません。

 

30

 

30

こうやって合板を取り除きます。

30

テーブルを部分解体し、一回で使用していた棚をここに置きます

30

 

30

 

30

これを使用します。

30

駐車場のそばの植木も撤去。

30

合板で養生しながら引き抜いていきます

30

 

30

枕木の門柱も

30

撤去しました

30

 

30

1日でここまで作業できました。

 

明日は工場です。

 

みなさんお仕事お疲れ様でした!

 

 
 
参照数: 178

Copyright © 株式会社カモノセログ All Rights Reserved. -ログイン